富女子 ケーコの投資ブログ

社会人4年目で資産2000万円を達成した、金融商品LOVE!なオタクの独り言です。

LINEスマート投資が1万円から購入できるミニテーマを期間限定販売キャンペーン!評判は?

f:id:imkeco:20190305023725j:plain

LINE Financialは2月26日、「LINEスマート投資」において、約1万円からテーマ投資を行える新商品「ミニテーマ」を期間限定で販売すると発表した。同商品により、投資初心者の投資へのハードルを下げ、資産運用を後押しするという。

 

新商品の「ミニテーマ」は、テーマに関連した銘柄への分散投資ができるという点はそのままに、テーマに含まれる銘柄数などを調整して投資金額を抑えたもの。なお、販売期間中はミニテーマ購入時の取引手数料も全額キャッシュバックされる。

 

今回の販売を記念し、LINEスマート投資で初めてテーマ投資をする人100人に、抽選で1万円をプレゼントするキャンペーンを実施する。応募期間は2019年3月6日10:00~3月26日23:59。

news.mynavi.jp

ミニテーマは、「アンチエイジング」「サイバーセキュリティ」「キャッシュレス・ジャパン」「ようこそ日本へ」「もしバフェットが日本株を買ったら」「5G」の全6種類から出されるようです。

f:id:imkeco:20190305025336j:plain

 

LINEスマート投資とは

f:id:imkeco:20190305031732j:plain

f:id:imkeco:20190305031748j:plain

f:id:imkeco:20190305031803j:plain

f:id:imkeco:20190305031817j:plain

f:id:imkeco:20190305031832j:plain

invest.line.me

売買手数料が高すぎますね。業界最低水準って何を基準にしているのでしょうか。

例えば「もしバフェットが日本株を買ったら」のテーマを選んだら9万6824円なので、売買手数料が484円くらいになると思うのですが、SBI証券だったら税込97円で済んでしまいます。

f:id:imkeco:20190305033523j:plain

やはりスマホ投資は手数料が高いです。

LINEスマート投資のメリット

  • 分散投資が簡単にできる
  • 10万円前後で10社の株式が買える
  • LINEアカウントがあればすぐに始められる
  • LINEポイントが貯まる
  • リバランスを提案してくれる
  • プロが解析したテーマを提供している
  • デザインがよく操作がわかりやすい

LINEスマート投資のデメリット

  • ネット証券に比べると売買手数料が高い
  • もちろん市場リスクがある
  • NISAには対応していない
  • 株主優待はほぼ受け取れない
  • リバランスは自分で行う必要がある

ケーコからの評判

folioもそうですが、手数料が高いです。これなら普通にネット証券で口座を開いて、テーマにある企業のミニ株投資信託を買ったほうがよいです。

投資する上では、いかに手数料を安く抑えるかが大事なので、投資初心者の方にはまず手数料の節約に目をつけてほしいと思います。

私の知っている範囲では、IT企業が始めたお手軽な投資はどれも手数料が割高なので、事前にチェックするべきです。