富女子 ケーコの投資ブログ

社会人4年目で資産2000万円を達成した、金融商品LOVE!なオタクの独り言です。

2019年4月27日〜5月6日の10連休のデメリットについて考えてみた

f:id:imkeco:20181013233415j:plain

わーい、来年のゴールデンウィークは10連休だ!と喜んでいる方もいらっしゃるかと思います。

おそらく、東証のエリートサラリーマンたちも喜んでいることでしょう。

 

つまり、日本の株式市場も10連休ということです。

 

一方の海外の株式市場は開いていますので、この時期に世界的暴落があれば国内株式投資家はいてもたってもいられなくなるでしょう。

さらに、小悪な海外の機関投資家が大量に日本株空売りを仕込んでいれば、10連休が終わったあとに、日本株市場で売りが売りを呼ぶ自体が起きると思います。

 

株式市場の動きだけでなく、日本株や国内企業が動けないときに意地悪なことをしてくる海外企業がいるかもしれません。

 

新しい元号の初まりとなる10連休、暴落もなく心穏やかに過ごせることを祈るばかりです。

 

ちなみに、私は職場のテレビで天皇陛下の退位と皇太子さまの即位の儀を見て過ごすと思います。

平成元年生まれで平成=年齢だったので、平成が終わってしまうのはなんとなく寂しいです。

 

とりあえず、世界的に株式市場が不安定になってきているので、翌年の10連休はサッパリとしたポジションで臨んだほうがよい状況になっているかも?と、10連休のニュースを見てふと思いましたので、軽い記事を書きました。

 

果たして絶賛塩漬け中のハーバー研究所は、それまでに売れるのでしょうか?

www.richgirl.work