富女子 ケーコの投資ブログ

社会人4年目で資産2000万円を達成した、金融商品LOVE!なオタクの独り言です。

改ざん・TATERUの評判と株価!西京銀行は第2のスルガなのか?

f:id:imkeco:20180908212556j:plain

先日、スマートデイズスルガ銀行の記事を書いたので、今回はTATERU西京銀行のお話です。

richgirl.hatenablog.jp

TATERUは、西京銀行から不動産投資の融資を引くために、投資家の資産に関する書類を改ざんしました。不審に思った投資家が調べて発覚した問題です。

www.nikkei.com

ぶっちゃけ、これからハイリスクローリターンな国内不動産投資をするなら、このように事前に不審感を抱いて行動できる人が投資するべきだと思います。

しかし、預金が23万円しかないのに不動産投資をしようとした恥ずかしいことが新聞記事に載るなんて、被害者なのにこの人かわいそう・・・。

 

私の職場の上司が、今の会社に来る前の転職中にTATERUのメディア編集の面接を受けたそうです。

面接官「うちチョー体育会系だけれど、大丈夫?」

上司(ムリだな・・・)

というやりとりがありました。

不動産業界自体の体質が古いので、やはりどこも営業が強い体育会系でしょうね。って話していました。

 

TATERUの成り立ち

株式会社TATERUは、不動産に特化したプラットフォームの開発・運用、クラウドサービスの提供、デザインアパートメントの企画、運用を行う企業である。 アパート経営のトータルサポートを行う、アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment」の開発・運用、不動産投資型クラウドファンディングTATERU Funding」、ネットで賢くリノベーション「スマリノ」、また子会社では、賃貸住宅のためのIoT サービス「Apartment kit」の開発や、アプリでかんたんIoT民泊運用「TATERU bnb」を展開している。また、2018年1月4日には不動産投資型クラウドファンディング事業を子会社化し、株式会社TATERU Fundingを設立。2018年4月1日に株式会社インベスターズクラウドから株式会社TATERUへ社名変更。 

TATERU - Wikipedia

www.nikkei.com

かぼちゃの馬車」のクッソ狭い明らかに住みにくそうな間取りのシェアハウスと比べ、TATERUの建てていた物件はなかなかよさそうですね。さすが一部上場企業です。

上司もTATERUのビジネスモデル自体はよいと感じ、面接を受けたそうです。

TATERUの株価、急激にOTITERU

f:id:imkeco:20180908190909j:plain

たった1ヶ月の内に株価が4分の1になっています。

ちょうど問題が発覚した8月31日から、株価が真っ逆さまに暴落しています。

f:id:imkeco:20180908191005j:plain

四季報2018年夏号では上記のように業績がよい内容なので、これからどう修正されるか楽しみです。

ちなみに100株でクオカード3000円分の優待がつきます。

TATERUスマートデイズと違い、不動産に関連した事業を複数もっているので、これ以上の問題が出てこずに会社の信用が回復すると仮定したら、今が買いの優待株ではないでしょうか。

個人的にはおそらく、他にも同じ問題が出てくる可能性が高いと思いますが。

TATERUの元社員の声

f:id:imkeco:20180908194558j:plain

Vorkers「株式会社TATERU」より

アパート販売がメインだそうです。これから不動産テックのようなIT系開発にシフトしていかないと財閥系以外、どこの不動産会社も生き残れないと思います。

四季報によると2018年3月現在では、49億700万円の有利子負債があるので、無借金経営ではありません。

TATERUと蜜月の関係!?西京銀行とは

西京銀行山口県の地銀です。

富女子会と提携していて、「さいきょう富女子会」をやっています。参加メンバーが西京銀行でたくさん預金した後に不動産投資ローンを組んでくれるとしたら、よい集客方法です。(褒めている)

西京銀行TATERUの顧客向け融資を独占していたそうです。

biz-journal.jp

www.rakumachi.jp

正直改ざんした623万円の預金資料でも、行員が1億円以上の投資ローンを許す材料になるとは考え難いので、西京銀行TATERUに協力していた可能性は高いと思います。

西京銀行は、スルガ銀行ほど銀行としてうまくいっているわけではなさそうなので、なおのことマイナス金利の中で金利の高い投資ローン商品に頼ることが想像できます。それだけ各地銀は苦しい状況で、バブル時代に儲けた貯金を切り崩すような経営していると聞きました。

さいごに

スマートデイズの件もTATERUの件も、これらの問題を起こした本当の原因は不動産会社ではなくマイナス金利だと私は考えています。

金融緩和の副作用の1つ、そして目的の1つとも言えるでしょう。

 

マイナス金利で銀行が儲けられない→金利の高い投資ローンに頼る

マイナス金利でローン金利が下がる→サラリーマン大家になるなら今だ

 

融資をしたい側と融資を受けたい側がマッチングすることを、不動産業界が悪く利用した結果だと思います。

公務員の友人曰く、金融庁は我々の財布から「いかにより多くのお金を出させるか」に知恵を絞っているそうです。なので、マイナス金利により少なくない国民が不動産という大きい買い物をしたくなるという現象は計算済みだったのではないでしょうか。

f:id:imkeco:20180908201249j:plain 

いち投資家として、大きな流れにはたやすく流されないように気をつけたいと思います。